業者の駆除で多いコウモリによる被害や駆除方法とは

コウモリ

放っておけば被害は大きくなる

生活をしていると、住宅内に動物が住みついてしまうことがありますよね。
放っておけば出て行く・・・
と言って、駆除を行わずに放っておく人もいますが、それではさらに被害を広げてしまう原因となってしまうのです!

住宅に住みつく飛ぶ動物

住宅に住みついてしまう動物は多くいます。
ネズミやハクビシン、アライグマは、住宅に住み着く動物として知られている動物ですよね。
そのなかでも、飛ぶ動物がいます。
それは、コウモリです。
コウモリも住宅内に住み着く動物となるんです。

住み着く期間は短い

コウモリは住宅内の屋根裏に住み着くことが多くあります。
敵から身を守りながら生活をしているため、住む場所も身を守りやすい、出入口が狭い箇所に住み着いているんです。
住宅に住み着く期間は他の動物と比べ短くなり、その理由は寿命が短いということから来ているのです。

コウモリから来る被害

住宅に住み着いたコウモリは、住宅内に多くの被害を広げてしまいます。
フンや尿を屋根裏にするため、ニオイを発し、繁殖もするためその量は多くなり、ニオイもきつくなります。
また、コウモリはダニやノミも持っているため、それが室内に広がり、人の身体にまで被害を出してしまうのです。

1度出て行くと戻ってこない

業者が行っているコウモリ駆除は、一般的に追い出す方法が行われています。
追い出してもまた戻ってこないかな・・・
という声もありますが、業者ではコウモリを追い出した後に出入口を塞ぐため、住宅内への侵入を防ぐことができるのです。