人への被害も出す害獣から起こる被害の種類

コウモリのイラスト

誰でも1度は被害に遭う

動物による被害に遭ったことはありますか?
そう聞かれるとほとんどの人が「ある」と答えると思います。
住んでいる地域によってその動物は異なりますが、どの住宅でも動物による被害に遭う確率は高いのです。

住宅街で遭う被害

動物による被害は比較的、住宅のない自然が多い場所で起こることが多いとうイメージがありますが、住宅街でも被害が起こるのです。
その被害を出している動物というのが、ネズミです。
ネズミは小さく、住宅街の地下などで住んでいることも多いため、室内に住みついてしまうことがあるのです。

自然が多い地域で遭う被害

自然が多い地域で遭う被害というのが、アライグマやハクビシン、イタチといった動物による被害です。
アライグマやハクビシン、イタチといった動物の被害は、畑で育てている作物を食べていることが多い動物となっているため、自然が多い場所に起こる被害となっているのです。

行われている駆除方法

害獣駆除ではどの場所でも、被害を起こす動物に対して害獣駆除を行っています。
共通して行われている駆除方法が、追い出す方法となります。
住宅内に住み着いている動物を、音や煙、機械を使って住宅内から追い出し、その場所へと戻ってこないように、出入口を防ぐといった方法が行われているのです。

部屋を綺麗にすることで2次被害を防ぐ

害獣駆除を行っている業者では、動物の駆除以外にも、ハウスクリーニングをしていることもあります。
動物にはノミやダニが付いており、尿やフンから発生するニオイなどから、アレルギーを起こしてしまうのです。
そこで、害獣駆除を行った後に除菌や消臭、清掃を行うことで、部屋を元の状態に戻すことが出来るのです。